修理サービス

MacDocは、お客様に見積料金を示してお客様の製品を修理するものとします(但し、当該料金がお客様の事前の口頭または書面による同意により改訂される場合は、この限りでありません)。本修理サービスの一環としてMacDocは、部品および役務の両方を提供しますが、以下に示すように、お客様自身で容易に修理可能な部品については指示のみを提供する場合があります。お客様の製品を修理する場合、MacDocは、新品、中古または再生の部品または製品を使用することができます。MacDocは、本修理サービスに基づき交換される不具合部品または製品をMacDocの所有物として保持し、交換用の代替部品または製品がお客様の所有物となります。交換される不具合部品または製品は、通常は修理可能であり、MacDocが有償で交換または修理を行うものに使われます。準拠法によりMacDocが交換される不具合部品または製品をお客様に返却しなければならない場合、交換用の代替部品に係る追加費用をお客様にお支払い頂くことにお客様が同意していただいたものとします。

サービスオプション

MacDocは、以下のいずれかまたは複数のオプションで修理サービスを提供します。
(i) 直接郵送サービス MacDocがお客様の製品が直接郵送または宅配便サービスの対象となると判断した場合、MacDocは、お客様に送料前払の送り状(および購入時のパッケージがない場合、MacDocがお客様に梱包材料を送る場合もあります)を送付し、お客様は、MacDocの指示に従い対象製品をMacDoc修理拠点へ送付して頂きます。修理サービスが完了すると、MacDocは、修理拠点より対象製品をお客様に返送するか、あるいは代替製品をお客様に送付します。特別の理由がない場合、お客様は所在地からの往復の送料を負担するものとします。
(ii)在宅自己交換修理サービスにより、お客様はご自身の製品の修理を行うことができます。状況により在宅自己交換修理サービスが行なわれる場合、MacDocは、お客様に交換用部品を交換に関する説明書と不具合部品の返却条件とともに送付します。お客様が指示通りに不具合部品を返却されない場合、お客様にお客様がこのサービスを承認された時点で同意された未返却の場合の費用を請求させて頂きます。MacDocが不具合部品の返却を求めない場合、MacDocは、お客様に交換用部品を交換に関する説明書と不具合部品の廃棄条件とともに送付します。MacDocは在宅自己交換修理サービスにかかる人件費について負担しません。
MacDocは、MacDocが本修理サービスをお客様に提供する方法をいつでも変更する権利を保持します。

サービスの制限 

MacDocは、見積もり費用での修理承認されない場合、MacDocはサービス見積書の検証料に消費税を加えた料金(運送料等を含みます)をお客様にご負担していただくことができます。本修理サービスにより当該見積料金に明記されていない追加の役務および部品が必要となる場合、MacDocは、お客様に改訂された見積に対する承認を求めるものとします。お客様がMacDocによる見積料金の改訂に同意されない場合、MacDocは、お客様の製品を返却いたします。MacDocは、シリアルナンバーが改変、汚損、もしくは除去されている製品、または取り扱い上の不注意、誤用、怠慢、乱用(MacDoc以外による不完全なインストール、修理、または保守を含みます)、許可されていない改造、不適切な環境(高温度や高湿度を含みます)、異常な物理的、電気的な圧力または妨害、電力の変動またはサージ、落雷、静電気、火災、天災またはその他外的原因により損傷を受けた製品の修理サービスを拒絶する権利を保持します。この場合、MacDocは、当該製品の修理サービスを提供することなくお客様に返却します。

支払

お客様には、お客様が本サービスを承認されたときに示される見積料金をお支払いただきます。お客様のお支払期限は、当該製品がお客様に返却されるか、または代替製品がお客様に提供されたときとします。見積料金には、部品、役務、サービスの履行に必要な送料に消費税を加えた金額の一切を含みます。

転送またはインストールサービス

別途合意される場合を除き、MacDocは、お客様の製品に保存もしくは記録されているソフトウェアまたはデータの一切に対する瑕疵または損傷を対象としません。本サービスが情報の転送またはソフトウェアにインストールに関わる場合、お客様は、お客様が当該情報を複製する法的権利を有し、かつ当該ソフトウェア使用許諾条件に同意していることを表明し、MacDocが本サービスの履行にあたりお客様の代わりに当該情報の転送および当該ソフトウェア使用許諾条件の承諾を行なうことを承認したものとさせていただきます。

放棄された製品

お客様が別途指示する場合を除き、MacDocは、お客様の修理完了製品または代替製品をお客様が本サービス承認時に提出した送付先に送付します。提出された住所で引渡が完了されないためにお客様の製品がMacDocに返送された場合、MacDocは、別の送付先でお客様への連絡を試みるものとします。最初に送付を試みた日から60日以内にMacDocまたはMacDocの指定業者がお客様の製品を引渡すことができる送付先をお客様が提出しない場合、MacDocは、お客様の製品が放棄されたことをお客様に通知することができるものとします。MacDocは、お客様が当該サービスを承認したときに提出した住所宛に当該通知を送付するものとします。お客様の製品が放棄された場合、MacDocは、お客様の製品を適用される法律の条件に従い処分することができ、特に履行された修理サービス費用に充当するため、お客様の製品を社内で、または一般に販売することができます。MacDocは、未払の料金に対し、その制定法上およびその他いかなる法的な留置権を留保します。

保証

お客様の製品に対するサービスを提供する場合、MacDocは、(1)当該修理が熟練した方法で履行されること、および(2)本修理サービスで使用される部品または製品はすべて、修理サービスの日より30日間材質上および製造上の瑕疵がないことを保証します。本保証は、明示の限定保証です。30日間の保証期間中、不適合な修理サービスが提供されるか、交換部品または製品に瑕疵が存在する場合、MacDocは、MacDocの選択によって(i)当該部品または製品を新品、中古あるいは再生交換部品を使用して修理するか、(ii)当該部品または製品を新品、中古あるいは再生の同等部品または製品と交換するか、または(iii)本修理サービスのためにMacDocに支払った金額の返還を行なうものとします。本保証および救済は、唯一であり、口頭あるいは書面のいずれかを問わず、明示あるいは黙示を問わず、当該修理サービスおよび提供された部品または製品に関するその他の保証、救済、条件に代わるものです。MacDocは、特に、これらのサービスならびに部品または製品に関する一切の黙示保証をしないものとし、これには商品性、特定目的適合性に対する黙示の保証をしないことを含みますが、これらに限られません。MacDocが本限定保証に基づき黙示保証を法律上有効に否認することができない場合、商品性および特定目的適合性に対する黙示保証を含む当該保証のすべては、本明示的限定保証の期間に制限されます。消費者保護の法令の恩恵を受ける消費者に関し、本規約により与えられる利益は、これらの法令に基づき提供されるすべての権利および救済に加えたものとします。

責任制限

MacDocが製品をお預かりしている間に製品が損傷または滅失した場合、MacDocの責任は、当該製品の修理または交換費用を限度とします。また、お客様の製品修理サービスに関し、何らかの理由によるお客様の損害に対するMacDocの完全な責任は、MacDocの過失あるいは他のいかなる理由を問わず、お客様が当該修理サービスに対して支払った金額に制限されます。MacDocは、利益損失や逸失利益などの間接、特別、懲罰的、結果的損害に対して、いかなるものであれ一切責任を負いません。また、MacDocは、本修理サービス履行中のデータまたはソフトウェアアプリケーションの損失、損害に対して一切責任を負いません。本修理規約に基づくお客様の唯一の救済は、お客様が当該修理サービスに対して支払った金額を超えない金額内でMacDocに対し損害の回復を求めることに限定されます。

修理サービスの提供範囲

本修理規約に基づく修理サービスは、日本の居住者に対してのみ提供され、効力を有します。

データ保護

お客様は、MacDocが本修理規約に基づく修理サービス義務を履行するにあたり、お客様のデータを収集、処理、使用することが必要であることに同意し、理解して頂いたものとします。参照可能なMacDocのプライバシーに関するポリシーに基づいて保護します。

第三者への委託または請負 

MacDocは、お客様の製品の修理サービスを他の専門サービスプロバイダへ委託または請負を行なうことができます。

準拠法

抵触法の条項に関わらず、日本法が本修理規約に適用されます。

言語

本規約の両当事者は、本規約および関連書類のすべてが日本語で作成されることを希望したことを確認していただいたものとします。サポートサービスは、日本語で提供されるものとします。

完全合意・可分性・不可抗力 

本規約は、MacDocの修理義務を規定するものです。お客様がMacDocに提出したいかなる注文条件を含む他の口頭または書面による条件は適用しません。MacDocは、本規約の変更も改訂も一切承認しません。本規約のある条件が違法または履行不能であると判断された場合、当該条件は、本規約の一部ではなかったものとみなされ、本規約の残りの条項は、引き続き履行可能とします。MacDocは、MacDocの合理的な支配を超えた事由による本修理サービスに基づく不履行または履行遅滞に関し責任を負いません。